a_header01.png

TOPTOPブレスエアーとは?ブレスエアーとは?よくある質問よくある質問スタッフブログスタッフブログEX丸分かりガイドEX丸分かりガイド

ホームホーム 購入前購入前 使い方使い方 購入後のお手入れ購入後のお手入れ

HOME > 使い方 > ちょっとした注意点

q00.png

ちょっとした注意点

ブレスエアー商品を長期間快適にご使用頂けますよう、ご購入頂く際は、以下の点をご留意ください。

スレ音
スレ音スレ音
使い始め当初、ブレスエアーは「カシャカシャ」と音がします。ブレスエアーは一本一本の連続繊維が3次元に絡みあった構造となっており、結合部が擦れて音が発生します。使用を繰り返すうちに結合部が滑らかになるので音は小さくなりますが、小さな音にも敏感な方はご購入をお控え下さい。

へたり(耐久性)
へたりへたり
硬綿と比べれば格段に、ウレタンと比較しても総じて耐久性が高い素材ですが、ブレスエアーもヘタリます。商品、使用環境、原反タイプ等によって耐久性は大きく変わるため、耐用年数は一概に言えませんが、使用年数とともに弾力性は落ちてきます。あらかじめご了承下さい。

変色(黄変化)
着色変化着色変化
ブレスエアーもウレタン同様、使用環境により原反が黄色に変色します。ブレスエアーに含まれる酸化防止剤が、紫外線や排気ガス等に反応し、黄変化が起こります。黄変化自体は性能に大きな影響はございませんが、劣化を早める要因となりますので、ご注意下さい。

直射日光
日光日光
ブレスエアーの大敵は直射日光です。直射日光にブレスエアーを長時間さらしますと、黄変化のみならず素材の耐久性にも大きく影響を及ぼします。屋外のみならず屋内でも、直射日光の照射はお避け下さい。なお、側生地等を取り付けた状態ですと、直射日光の影響は小さくなりますが、側生地素材によって影響度は異なりますので、お取扱いにはご注意下さい。

静電気対策
21.gif
ブレスエアー素材の高機能性を最大限引き出す立体メッシュ繊維(ダブルラッセル)を側生地に採用しています。通気性が非常に良く、通水性の高い構造ですので洗濯機でも容易に洗え、速乾性に優れます。しかし、ポリエステル素材は最も静電気を引き起こす素材の1つなので、特に冬場の静電気防止対策が必要です。
繊維にはプラスを帯びやすいものとマイナスを帯びやすいものがあります。
プラスに帯電しやすい素材とマイナスに帯電しやすい素材を組み合わせると静電気が発生しやすくなるのです。
おススメとしては「綿」もしくは、「麻」のシーツをかけると軽減出来ますのでお試しください。








back.pngback.png

a-shop01.png

お客様の声お客様の声

爽快潔BLOGへ爽快潔BLOGへ

お問い合せお問い合せ